『駿府城公園』の歴史は?もともとは「駿府城」という城があった!

 

駿府城公園』は静岡県静岡市葵区にある都市公園です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#日本百名城 #駿府城 #静岡城 #府中城 #駿府城公園 #静岡県 #静岡市 #徳川家康 #徳川家康像 #天下普請 #天守台 #豊臣秀吉 #金箔瓦 #東御門

Jun Okano(@jun_okano)がシェアした投稿 –

 

 

この地にはかつて駿府城という城が建っていて、堀や櫓があり普通の公園とは違った姿をしています。

 

 

駿府城」とは1585年徳川家康によって築かれた城で、江戸時代初期には徳川家康の隠居城、以後は駿府藩を経て、明治維新まで幕府の直轄地となりました。

 

 

 

明治時代には陸軍の駐屯地となり内堀が埋められましたが、一部は発掘され現在も保存されています。

 

戦後の1949年に「中央公園」として整備され、1951年には市民アンケートで「駿府公園」と命名、2012年に『駿府城公園』に改名されました。

 

2006年には日本の歴史公園100選に選ばれました。

『駿府城公園』の見所は?復元された櫓や庭園など見所がたくさん!

 

駿府城公園』は散歩もちろんのこと、城跡ということもあり歴史も感じられる公園でもあります。

 

まずは城跡を利用して造ったということもあり、公園の周りには堀があります。そして、公園に入る際に一押しの橋「東御門橋」を渡ると、その先には復元された「東御門」が建っています。

 

また、戦国時代の造りで復元された「坤櫓(ひつじさるやぐら)」や「巽櫓(たつみやぐら)」があり、これらを見ると公園ではなく城内に入っていく感覚になります。

 

 

 

 

「東御門」から入って北に向かっていくと、今度は「紅葉山庭園」という庭園があります。

 

この庭園は日本文化を思わせるような造りとなっていて、とくに春夏秋冬を代表する花(春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は椿)が1年中観られます。

 

 

 

 

また、庭園内では茶室でのお茶体験や生け花などを楽しむ施設もあります。

 

 

他にも、本丸御殿跡近くにある「晩年の家康公像」、家康公が植えたとされる「家康手植えのミカン」、家康公薨去400年の節目(2015年)に砂利や白玉で再現された「葵の御紋花壇」などたくさんの見所があります。

 

 

『駿府城公園』にはどうやっていくの?アクセス方法や入場料など情報掲載!

 

 

《所在地》

・〒420-0855 静岡県葵区駿府城公園1-1

 

 

《アクセス》

~電車~

  • JR静岡駅から徒歩15分
  • 静岡鉄道静岡駅から徒歩12分

 

~車~

  • 東名高速 静岡I.Cから約17分
  • 新東名高速 新静岡I.Cから約18分

 

 

《開館・開園時間》

・公園内は年中無休です。

 

ただ、「東御門・巽櫓」「坤櫓」「紅葉山庭園」は午後9時から午後4時30分までです。

※入館は午後4時まで

※休館日は月曜日と年末年始(12月29日から1月3日)

 

 

《入館料》

・公園内は基本無料です。

 

 

ただ「東御門・巽櫓」「坤櫓」「紅葉山庭園」は以下の通りです。

 

~共通券(3施設)~ ※()内は30名以上の団体

大人:360円(280円)

小・中学生:120円(90円)

 

~東御門・巽櫓~ ※()内は30名以上の団体

大人:200円(160円)

小・中学生:50円(40円)

 

~坤櫓~ ※()内は30名以上の団体

大人:100円(80円)

小・中学生:50円(40円)

 

~紅葉山庭園~

大人:150円(120円)

小・中学生:50円(40円)

 

 

《駐車場料金》

・『駿府城公園』には駐車場がないため近くの有料駐車場をお使いください。