島根県にある国宝「松江城」の御朱印(御城印)がコレです!

 

島根県松江市に築かれた江戸時代の城『松江城(別名”千鳥城”)』。現存する天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されています。

 

そんな『松江城』の御朱印(御城印)がこれです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 同じ城好きの賦句(ふすく)さんに#御城印 を送ったら、インスタに載せてたのでリポスト🌟 . #fusukucoffee は六本松駅から徒歩5分。テイクアウトもやってます☕️ 私の定番は「ブラちゅう」🇧🇷 詳しくは賦句さんに聞いてみてくださいね☺️ . . . #Repost @fusukucoffee with @get_repost ・・・ 復活しました。 おはようございます。 4月9日木曜日。 ひっそりと営業再開です。 朝からステキな贈り物が届いており。 テンションぶちあげ。 早く城巡りできる世の中になるよう願う。 #復活 #ひっそりと営業再開 #fusukucoffee #フスクコーヒー #城巡り #松江城 #国宝天守 #福岡カフェ #六本松カフェ #六本松 #谷 #裏六本松 #スペシャルティコーヒー #朝活 #モーニング

Hiromi F(@spicy.days)がシェアした投稿 –

 

御朱印(御城印)は”松江産”の和紙で作られており、松江藩の歴代藩主であった「京極家」(平四つ目結)や「松平家」(丸に三葵)などの家紋があしらわれた、とてもシンプルな作りとなっています。

 

大手前駐車場から入城、すぐの観光案内所で頂くことができます。(ぶらっと松江観光案内所

 

『松江城』ってどんな城?松江藩の藩庁として栄えた260年間!

 

 

松江城』は島根県松江市殿町にある平山城です。

 

 

築城年は江戸時代初期の1611年で堀尾吉晴(松江藩初代藩主・堀尾忠氏の父。忠氏は1604年に亡くなっており、吉晴は孫の忠晴の後見人として藩政を行う)によって築城されました。

 

 

もともと松江藩の藩庁は松江城から南東に直線距離17㎞(車で約36分)の所にある月山富田城(戦国時代には尼子氏の本拠地として有名)に置かれていました。

 

しかし、堀尾吉晴は山城であった月山富田城を不便と感じ、1611年に松江城に移り松江藩の藩庁としました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

松江城の天守から宍道湖方面を望みました #松江城 #お城巡り #旅行 #風景写真 #旅好き #景色

ノグチ🇯🇵(@noguchi.1948)がシェアした投稿 –

 

 

藩主は堀江氏が2代、京極氏が1代、松江松平氏10代が務めます。

 

松江松平氏(初代・松平直政は徳川家康の孫)の時代に藩が財政難に陥りますが、朝鮮人参や木綿、そして鉄などを専売制とし、年貢米以外からも収入を得られるようにしました。

 

1873年の廃城令により天守以外の建造物が撤去され、天守も売却されることになりますが、地元の豪農や元藩士らが売却額(180円)と同額の金を国に治め、天守は保存されることになりました。

 

2015年には天守が国宝に指定された他、戦後からは櫓や堀が復元され現在の姿になっています。

『松江城』の天守は「国宝5城」の中で1番最後に指定された!

 

現在、日本には天守が国宝に指定されている城が5つあり、その中に『松江城』があります(他の4城:姫路城、松本城、彦根城、犬山城)。

 

ただ、『松江城』が国宝に指定されたのは2015年で、城が国宝に指定されたのは65年ぶりのことでした。

 

 

もともと『松江城』は戦前の国宝保存法により国宝に指定されていましたが、戦後に施行された文化財保護法により重要文化財に指定されました。

 

重要文化財となった一番の理由というのが建築された年代が不明という所にありました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

松江神社 島根県松江市殿町←住所がなんとも素敵✨ 松江城内にありました。 目に入ったのは、葵の御門と、狛犬の大きさ。何故、葵の御門… 松江城は、関ヶ原以降、築城され、 堀尾吉晴 京極忠高 松平直政と受け継がれていました。 なるほど、それで、葵の御門。 松平は家康が徳川となる前の、姓で、直政は家康の孫に当たります。 以後、出雲国を治めていたのです。 日本の知らないことを知るって楽しいですね。 #歴史#島根#松江城#松江市#松平直政#歴女#日本#日本史#歴史好きな人と繋がりたい #城#神社#松江神社#島根県

SAKI(@masakiy104)がシェアした投稿 –

 

その後、度重なる国宝指定の要望や松江藩成立400年を向かえた2007年から松江城の調査が改めて行われます。

 

そして、2012年に城の近くにある松江神社の蔵から2枚の祈祷札が発見され、この祈祷札には「慶長16年(西暦1611年)」という時が書かれていました。

 

さらに、松江城の天守地階にこの2枚の祈祷札が打ち付けられていたと思われる釘穴が発見され、はめてみると一致しました。

 

これにより松江城は慶長16年に築城されたことが証明され国宝に指定されました。

『松江城』へはどうやって行くの?入場時間や入城料なども記載!

 

 

所在地

〒690-0887 島根県松江市殿町1-5

 

 

アクセス

  • JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバスで「松江城大手門前」で下車。
  • 一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から市営バス(北循環線内回り)で「県庁前」下車。

 

 

駐車場

https://www.kankou-matsue.jp/information/parking/

 

 

開城時間》 ※年中無休

  • 本丸開放時間

4月1日~9月30日:午前7時~午後7時30分

10月1日~3月31日:午前8時30分~午後5時

 

  • 登閣時間(天守)

4月1日~9月30日:午前8時30分~午後6時30分(登閣受付は午後6時まで)

10月1日~3月31日:午前8時30分~午後5時(登閣時間は午後4時30分まで)

 

 

料金

  • 登閣料(天守)  ※()内は30名以上の団体料金

大人:680円(540円)

小・中学生:290円(230円)

外国の方:340円(※小・中学生は140円)

 

  • 共通券(天守・小泉八雲記念館・武家屋敷)

大人:1100円

小・中学生:510円

 

  • 共通券(天守・小泉八雲記念館・小泉八雲旧居)

大人:1100円

小・中学生:510円

 

  • 共通券(天守・松江歴史館)

大人:950円

小・中学生:430円