『熱田神宮』ってどんな神社?三種の神器の1つ「草薙剣」を祀る!

 

2019年5月1日、日本は新天皇の即位に伴い元号が「平成」から「令和」に変わりました。

 

新天皇が即位した5月1日は、「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」という儀式が行われ、天皇家に代々伝わる「三種の神器」が継承されました。

 

「三種の神器」とは、八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)の3つの宝物のことです。

 

そして、「三種の神器」の1つである草薙剣を神体とする熱田大神を主祭神としているのが、この『熱田神宮』です。

 

※「剣璽等承継の儀」の際の草薙神剣と八咫鏡は実物ではなく、形式(かたしろ)と呼ばれる神霊を宿したレプリカです。

 

 

また、『熱田神宮』には「天照大御神」「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」・「日本武尊(やまとたけるのみこと)」・「宮簀媛命(みやすひめのみこと)」・「建稲種尊(たけいなだねのみこと)」の5柱が祀られています。

『熱田神宮』には「例祭」など約60の祭事があり初詣にもオススメ!

 

創祀から1900年経った『熱田神宮』では、1ヶ月に1回は祭事が行われています。

 

とくに、6月5日に行われる「例祭」は『熱田神宮』の中では最大の祭事で、「熱田祭り」とも呼ばれています。

 

「例祭」には天皇陛下の勅使(ちょくし、使い)が参加し弊物を奉納します。

 

 

また、花火大会や弓道・柔道・剣道などの大会が行われ、約25万人もの市民が参拝または参加しにきます。

 

他にも、1月1日には「歳旦祭」と呼ばれている初詣が行われます。

 

その他の祭事については『熱田神宮』のホームページを見てみてください。

https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

『熱田神宮』へはどうやって行けばいいの?拝観料や拝観時間は?

 

所在地

〒456-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

 

 

 

営業時間

9:00~16:30(境内自由、宝物館の入館は16:10まで)

 

拝観料

基本的には無料です。(宝物館、特別展は別途)

宝物館の拝観料は大人が300円、小中学生は150円です。

 

アクセス

◎東京方面・・・「東京」駅からJR東海道新幹線(のぞみ)で「名古屋」駅下車

名鉄名古屋本線に乗り換え「名鉄名古屋」駅から「神宮前」駅で下車し

徒歩3分

 

◎大阪方面・・・「新大阪」駅からJR東海道新幹線(のぞみ)で「名古屋」駅下車

名鉄名古屋本線に乗り換え「名鉄名古屋」駅から「神宮前」駅で下車し

徒歩3分

 

駐車場

自家用車でお越しの場合は、東門駐車場(300台)・西門駐車場(40台)・南門駐車場(60台)をご利用ください(全て無料!)

基本的には午後5時に閉門します(夜間の参拝は西門駐車場をご利用ください)

また、祭事の際は駐車場の使用を制限する場合があります。

 

拝観時間

24時間拝観(参拝)可能。

 

駐車場は西門駐車場をご利用ください。

名古屋に行ったら絶対行きたいパワースポット『熱田神宮』~まとめ~

 

 

熱田神宮』には、ここでは紹介できなかった見所がたくさんあります。

 

また、誰もが知っている戦国武将・織田信長が、今川義元を破った桶狭間の戦いの直前に『熱田神宮』に陣取ったという、歴史的に見ても重要な神社でもあります。

 

是非一度『熱田神宮』に足を運んでみてください。