『北野天満宮』ってどんな神社?祭神は学問の神・菅原道真公

 

『北野天満宮』は京都市上京区にある神社で、福岡県太宰府市にある太宰府天満宮とともに、全国にある天満宮の総本社です。

 

御祭神は学問の神様として知られる菅原道真で、現在にかけて「北野さん」「天神さん」と呼ばれ親しまれています。

 

 

菅原道真は朝廷の忠臣でしたが政敵・藤原氏の罠によって901年に左遷され2年後の903年に九州の太宰府で亡くなってしまいます。

 

菅原道真の死後、朝廷では落雷などの災害が続いたことから、道真の祟りと思われるようになります。

 

 

すると、祟りを恐れた朝廷は道真没後20年目の時に左遷の撤回と官位の復位を決め、947年に朝廷の命で道真公を祀る社殿が建てられました。

 

菅原道真公は、以後、学業成就や武芸上達の神として祈られるようになり、現在も多くの方から親しまれています。

 

『北野天満宮』のおすすめスポットは?数多くある国宝や重要文化財!

 

1番のおすすめスポットは国宝の「社殿」です。

 

この「社殿」には菅原道真公が祀られていて、本殿ならびに拝殿・石の間・楽の間をつないだ日本最古の権現造り(神社建築の1つ)となっています。

 

現在の「社殿」は1607年に建築されたもので、安土桃山時代の美しい装飾となっています。

 

 

他にも、重要文化財に指定されている「三光門」、「後門」、「東門」などの門です。

 

とくに、社殿の手前に建つ「三光門」は北野天満宮のシンボル的な建築となっています。

 

 

 

三光とは、日・月・星の意味を持っていますが、星が彫刻されていないと言われています。これは、北野の七不思議の1つ「星欠け三光門」として有名で、平安京の太極殿から見ると、この門の上に北極星が見えることから、星だけが彫刻されていないといわれています。

 

 

建物以外のスポットとしては、頭を撫でると頭が良くなるという「撫で牛」や社殿の前にある梅の木と松の木なども見所です。

 

 

 

『北野天満宮』へはどうやって行くの?拝観時間や拝観料は?

 

《所在地》

 

京都府京都市上京区馬喰町

 

 

《アクセス》

 

  • バス

・JR京都駅より市バス(50系統、101系統)

・京阪出町柳駅より市バス(102系統、203系統)

・阪急大宮駅より市バス(55系統)

 

  • 自動車

名神高速道路南インターまたは東インターより約30分

※参拝用の駐車場あり 時間は午前9時から午後5時

※毎月25日は縁日のため駐車場は空いていません

 

 

《拝観時間》

 

  • 境内

4月~9時:午前5時から午後6時

10月~3月:午前5時30分から午後5時30分

 

  • 宝物殿

午前9時~午後4時

  • 縁日(毎月25日)

午前6時頃~午後9時頃

 

  • 梅苑公開

開苑期間:例年2月初旬から3月下旬まで

開苑時間:午前9時~午後4時

 

  • 史跡 御土居の青もみじ公開

開苑期間:例年5月上旬から5月下旬

開苑時間:午前9時~午後4時

 

  • もみじ苑公開

開苑期間:例年10月下旬から12月上旬

※紅葉の状況によって変わります

開苑時間:午前9時~午後4時

 

 

《拝観料、その他の料金》

 

  • 境内

境内は無料で観られます。

 

  • 宝物殿

開館日:1月1日、12月1日、毎月25日、4月10日~5月30日

入場料:一般/800円 中・高校生/400円 子ども/250円 未就学児/無料

※団体(30名以上)は要予約

※修学旅行生は250円

 

  • 梅苑公開

入苑料:大人/800円 子ども/400円

※障がい者 大人/400円 子ども/200円

※30名以上は1割引(土日祝日、縁日は除く)

 

  • 史跡 御土居の青もみじ公開

入苑料:大人(中学生以上)/500円 子ども(小学生以下)/250円 修学旅行生/250円

 

  • もみじ苑公開

入苑料:大人/1000円 子ども/500円

※30名以上1割引(土日祝日、縁日は除く)