松本まるごと博物館 まるはく旧開智学校校舎の概要について

 

《構造及び形式》

木造、建築面積513、58平方メートル、二階建、寄棟造、桟瓦葺、中央部八角塔屋附附

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#旧開智学校 校舎 #あがたの森公園 #旧松本高校 校舎 #十割蕎麦 #松本市美術館 #不思議の国のアリス展 #草間彌生 レンタルサイクルしてまわってきた。なかなか快適な自転車、乗り心地よし。 おすすめされた旧開智學校校舎、窓や扉の装飾が素敵。すり減った階段が年月を感じさせられました。 旧松本高校のほうははいからさんができてそうな感じで、でも図書館やレンタルルーム、公民館的に使われているようです。 松本に来て3件目のお蕎麦屋さん。一番好みでした。 そして松本市美術館。今日から不思議の国のアリス展。サルバドール・ダリの挿絵もあるというので特別展込みで入館。 ダリの挿絵、やっぱり独特。不思議の国にはあっているのかも、昆虫や動物はしっかり描写されているけど人はとっとも抽象的。 そして草間彌生さんの世界。校正のお仕事で取り上げられた記事をみていましたが、その作品を間近に観れて、とっても感心、楽しくみれました。

mappie@さん(@mappie_ma)がシェアした投稿 –

 

開智学校の工事費は約1万1,000円で、うち7割を松本町民が寄附しています。

 

旧開智学校校舎』は、明治9年(1876)に女鳥川沿いに建てられました。校舎内には廃仏毀釈で廃寺になった全久院やその西隣りにあった浄林寺の部材が使われています。

 

 

教育を立県の指針とし、文明開化政策を推し進めた筑摩県参事(知事)永山盛輝(ながやま もりてる)が計画し、地元松本の大工棟梁立石清重(たていし せいじゅう)が設計・施工しました。

 

昭和24年に現存部分のみ重要美術品に認定され、同36年重要文化財に指定されました。昭和38年(1963)に新校舎が建築されたことで校舎としての役割を終えました。

 

校舎の一番の特徴は、正面車寄の龍と天使の彫刻を中心する独創的な意匠です。

 

 

 

 

全体に、漆喰大壁や唐破風など伝統的な技法とガラスとペンキといった西洋伝来の部材、石積みを模した鼠漆喰塗をはじめとする洋風に見立てる技術が混ざりあい、高い独創性を有した意匠の校舎となっています。

 

中の廊下によって動線確保がなされた内部には、1室ごとに区切られ広い教室や教員控所、講堂(試験所)といった諸室が並び、学制によって示された理想的な教育環境が実現されています。

 

外国からの西洋建築受容の様子を示す擬洋風建築を代表するとともに、近代教育の黎明を象徴する学校建築として、深い文化史的意義を有していると評価されています。

松本市立博物館 重要文化財 旧開智学校校舎の利用案内回覧板

 

お問い合わせ

・重要文化財旧開智学校管理事務所

〒390-0876 長野県松本市開智2-4-12

TEL:0263-32-5725 FAX:0263-32-5729

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

1876年に建てられた松本の旧開智学校。国宝に指定されることが見込まれる初の学校建築です😊 久しぶりに行ってみましたが、やはり歴史を感じさせる優雅な建物でした。それにしても、これだけデザインに凝っていながら、なぜか左右対称ではありません。なぜなんでしょうかね🤔 #旧開智学校 #開智学校 #松本 #長野旅行 #国宝 #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #広がり同盟 #東京カメラ部 #オリンパス倶楽部 #オリンパスomd #tokyocameraclub #olympusomd #kaichischool #matsumoto #loves_nippon #lovejapan #art_of_japan_ #jalan_travel #anatabi

Mikito Ichikawaさん(@mikitoichikawa)がシェアした投稿 –

 

交通アクセス

・バス:タウンスニーカー北コース「旧開智学校」下車徒歩1分

松本駅から北市内線「蟻ヶ崎高校前」下車徒歩5分

 

・徒歩:JR松本駅から25分

 

・車 :長野道松本ICから約15分(駐車場約20台)

 

 

閲覧料

個人 大人(高校生以上)300円

小人(中学生)150円

※令和元年(2019年)10月1日より観覧料改定予定

重要文化財 旧開智学校校舎へ訪れた筆者の感想および体験談

 

旧開智学校は長野県松本市にあります。松本は、「国宝松本城」があることでも有名です。

 

 

旧開智学校校舎』は、洋風とも和風ともいえない不思議な建築です。建物内の雰囲気は、モダンで和洋折衷な校舎でした。

 

明治時代にこれほど立派な建物を建てた松本の教育の熱心の高さをとても感じました。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

乗鞍天空マラソンの思い出 🏃‍♂️ 松本城🏯から徒歩で10分弱の所に、旧開智学校があります。 🏃‍♂️ この校舎、最近国宝にノミネートされて話題になってましたね〜。 🏃‍♂️ 擬洋風建築で、とてもお洒落です。 🏃‍♂️ 擬洋風建築といえば、伊達ももの里マラソンの時に保原でも見ましたし、那須の道の駅でも見た事があります。 🏃‍♂️ 当時の大工さん達が、見様見真似で作った物と思いますが、ベストを尽くして作っているからなんでしょう。力強さ、美しさが、ガンガン伝わって来ます。 🏃‍♂️ フラッシュ📸焚かなければ中の撮影も大丈夫だったので、教室の様子も撮影しました。 🏃‍♂️ 机も椅子も、ちっちゃ! #ぼっちラン放浪記 #乗鞍天空マラソン #マラソン #フルマラソン #marathon #fullmarathon #旧開智学校 #国宝 #重要文化財 #ココからは循環バスで松本駅まで #草間彌生号じゃなかった #待ってられないので妥協しました

ムッシュすだちさん(@monsieur_sudachi)がシェアした投稿 –