『熊野本宮大社』ってどんな神社?古代から聖地とされてきた霊場!

 

熊野本宮大社』は和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社で、紀伊山地(三重県・奈良県・和歌山県またがる山地)にあります。

※紀伊山地は古来より神々が鎮座する聖域として崇められていた

 

 

熊野と聞くと「熊野古道」を思い浮かべる方もいるかと思いますが、「熊野古道」は別名・熊野参詣道とも呼ばれ、霊場「熊野三山」への参詣道のことです。

 

 

そして、霊場「熊野三山」の1つに入るのが、この『熊野本宮大社』です。

※他の2つは「熊野速玉大社」と「熊野那智大社」です。

 

 

崇神天皇35年(紀元前63年頃)に創建されたと伝わるこの神社は、古代より熊野信仰の中心地として崇められ、中世には「蟻の熊野詣」と言われるほど人々が熊野に集まったといわれています。

 

 

2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産として世界遺産に登録されました。

※3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道

 

 

『熊野本宮大社』の見所は重要文化財に指定されている3棟の建造物!

 

熊野本宮大社』の見所は、拝殿の右にある神門をくぐった先にある4柱の祭神が祀られている3棟の建物です(上四社)。

 

 

左から「結宮(第一殿、第二殿)」「証誠殿(本宮(第三殿))」「若宮(第四殿)」となっていて、それぞれ違う神様が祀られています。

※神仏習合により祭神は本地仏(八百万神は、実は仏や菩薩であったという思想)としても祀られている

 

 

結宮・・・・第一殿は「夫須美大神(千手観音)」、第二殿は「速玉大神(薬師如来)」

証誠殿・・・本宮、第三殿は「素戔嗚尊(阿弥陀如来)」

若宮・・・・第四殿は「天照大神(十一面観音)」

 

 

参拝は「証誠殿」→「結宮」→「若宮」の順にお願いします。

 

 

ちなみに、この区域は撮影禁止となっているので注意してください。

 

かつて『熊野本宮大社』があった旧社地には巨大な鳥居がある!

 

『熊野本宮大社』に参拝に来た際、セットで行って欲しいのが「大斎原(おおゆのはら)」という場所です。

 

 

社殿から「大斎原」までは徒歩で5、10分ほど歩いた所にあり、かつて『熊野本宮大社』があった場所でもあります(旧社地)。

 

 

なぜ、現在の場所に社殿があるのかというと、かつて社殿は熊野川の中州に建てられていましたが、明治22年(1889年)に川の氾濫によって旧社殿は破壊されてしまいます。

 

 

そのため、上四社のみが現在の場所に再建されました。

 

 

現在の「大斎原」には日本一大きな鳥居と中四社(第五殿から第八殿)・下四社(第九殿から第十二殿)の石祠があります。

 

 

『熊野本宮大社』へ参拝しに来た際には、「大斎原」も忘れずに参拝してください。

 

 

ちなみに「大斎原」も撮影禁止となっているので注意してください。

 

 

『熊野本宮大社』へはどうやって行くの?参拝時間や参拝料など

 

 

《所在地》

〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮1100

 

 

《バス》

JR新宮駅より熊野交通バスか奈良交通バスで「本宮大社前」まで行く。約1時間20分

JR紀伊田辺駅より竜神自動車バスで「本宮大社前」まで行く。約1時間35分

JR紀伊勝浦駅より熊野交通バスで「本宮大社前」まで行く。約1時間30分

 

 

《自動車》

「瑞鳳殿」、「樹の里」、「世界遺産熊野本宮館」に無料駐車場があります。

「瑞鳳殿」・・・・20台

「樹の里」・・・・40台 観光バスは10台 時間は午前9時~午後5時

「世界遺産熊野本宮館」・・・・58台

 

 

《参拝時間》

年中無休で午前8時から午後5時まで参拝できます。

 

 

《参拝料》

境内は無料です、

 

  • 宝物殿

拝観時間・・・午前10時~午後4時

拝観料・・・・大人300円 小人100円 団体割引あり