国宝に指定されている『彦根城

 

ゆるキャラブームの火付け役にもなった「ひこにゃん」がいることでも有名ですね。

 

金亀山に建てられた城ということで、別名「金亀城」とも呼ばれる彦根城の魅力をお伝えしたいと思います。

佐和山城を嫌い、新たな城を築いた井伊直正(いいなおまさ)

 

関ヶ原の武功により、徳川家康は井伊直正を「佐和山城」に入城させました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

彦根といえば…初代彦根藩主井伊直政と石田三成の城佐和山城址 #井伊直政 #彦根城 #石田三成 #佐和山城

gakugakugaku(@gakuth)がシェアした投稿 –


しかし、「佐和山城」は急な山城で、彼の戦い方には合わなかったため、金亀山(彦根山)に新たに築城されたのが『彦根城』です。

 

築城計画は立てたものの直正はその翌年に死去。そのため初代城主となったのは直正の子、直継です。

 

1609年から築城が始まり、1622年に完成しました。

 

 

途中で大阪の陣など大きな戦いがあったため築城が遅れ、これだけの歳月がかかったようです。

 

そして『彦根城』は西国に対する抑えの城としての役目を担う、貴重な要の城となっていったのです。

彦根城』が”寄せ集めの城”とも呼ばれるその所以とは…

 

1957年に行われた解体修理時の調査によって、『彦根城』にはたくさんの移築した建物やパーツがあるという事が分かりました。

 

それらは琵琶湖周辺の古城、佐和山・大津・安土・長浜などから集められてきたもの。

 

国宝に指定されている天守も、実は大津城からの移築ではないかという言い伝えも残っています。

 

 

移築された建造物の代表とされているのが、表門から坂を上ったところにある天秤櫓(てんびんやぐら)、天守に通じる最後の門である太鼓門続魯(つづきやぐら)で、どちらも重要文化財。

 

彦根城』城主の井伊家は元々東国の出身であることから、『彦根城』にもその特徴が表れています。

 

石垣がそのいい例で、土塁の下にだけ石垣を用いる腰巻石垣や、石垣の中層を土塁とした鉢巻石垣は江戸城などに見られるもので、西国にはほとんど見られない造りになっているようです。

彦根城内には玄宮園や彦根城博物館など見どころが多数

 

玄宮園は、『彦根城』の東北にある大名庭園。1677年に4代藩主によって造られた庭で、近江八景を模したものです。

 

 

 

園内には楽々園と呼ばれる藩主の下屋敷や、鳳翔台と呼ばれる客殿などがあります。鳳翔台では庭園を眺めながらお茶をいただくことも出来ます。

 

城内の散策に疲れたら、ここで一息つくものいいですね。

 

 

 

1987年に建てられた彦根城博物館は、彦根藩の表御殿が復元された建物となっていて、井伊家伝来の4万5千点にのぼる美術工芸品や古文書などを展示しています。

 

その中には国宝に指定されている屏風や、重要文化財の太刀や硯箱など見ごたえのあるものも…

 

館内には他に、能舞台や藩主の居間・茶室・庭園などが江戸時代さながらに再現されています。

 

 

~観覧料~

 

玄宮園のみ

一般:200円  小中学生:100円

 

彦根城と玄宮園

一般:800円  小中学生:200円

 

彦根城博物館のみ

一般:500円   小中学生:250円

 

彦根城・彦根城博物館・玄宮園の共通チケット

一般:1200円  小中学生:350円

 

開館時間

8:30~17:00

彦根城博物館は、休館日が3か月に1ほどあるようなので、下記のHPの年間スケジュールを参考にしてみて下さい。

 

彦根城博物館

http://hikone-castle-museum.jp/

ひこにゃんは招き猫?会える場所や時間とは

 

ゆるキャラの代表でもあるひこにゃん。その愛らしい姿に魅せられている人も多いのではないでしょうか?

 

 

そんなひこにゃんですが、実はモデルになったといわれる猫の逸話が残っています。

 

井伊直正の次男で、二代目城主でもある直孝が、鷹狩りの帰りにお寺の前で手招きしている白い猫を見つけます。

 

その猫に誘われるようにお寺に立ち寄り休憩していると、激しい雷雨が。その猫のおかげで雷雨をよけられたという事です。

 

この猫が招き猫の原型になったという説もあるのだとか…

 

 

ひこにゃんは基本的に毎日3回程登場します。時間は10:30~11:00 13:00~13:30 15:00~15:30となっています。

 

また場所は、天気の良い日と悪い日とで異なります。

 

天気の良い日

10:30~ 彦根城天守前

13:00~ 四番町スクエア四番町ダイニング

15:00~ 彦根城博物館(冠木門)

 

天気の悪い日

10:30~ 彦根城博物館(冠木門)

13:00~ 四番町スクエア四番町ダイニング

15:00~ 彦根城博物館(冠木門)

 

日によって変わることもありますので、毎日更新される下記のサイトから確認して下さいね。

 

雨の日には、黄色のレインコートを着たレアなひこにゃんに会えるようですよ。

 

ひこにゃん公式サイト スケジュール

https://hikone-hikonyan.jp/schedule/#201908

 

 

とにかく広い城内なので、軽装で行くことをお勧めします。

 

また春先には梅や桜も楽しめるので、そういう時季を狙っていくのもいいかもしれませんね。

 

【彦根城】

 

所在地

滋賀県彦根市金亀町1-1

 

アクセス

・JR琵琶湖線「彦根駅」から徒歩15分

・名神彦根ICから車で10分

 

駐車場料金

普通車:400円(280台収容)

大型車:1,500円(25台収容)

 

オフィシャル

彦根観光ガイド

 

 

※関連記事(当方で運営中の別ブログです♪)

「いと重」は井伊直弼ゆかりの地 彦根で銘菓『埋もれ木』を販売!